Amazonで無料出産準備お試しBoxを!≫≫

つわりを本当にナメていました。その13

つわり
スポンサーリンク

コマ漫画

案外座りながら寝れる

やっと臨月になりましたが、いつも通り吐いていました。

この頃は本当に毎日が眠たくて昼夜逆転なんてこともありました。

一人真夜中の静寂の中起きてたりすることも。

逆に眠たいのにお腹が気持ち悪くて眠れないってことも日常茶飯事でした。

なのでお昼寝もソファーに座って寝たり、

夜はベットで寝るけどクッションを腰に挟んで座りながら寝ていました。

案外、座りながら寝れるもんやな。

吐きづわりが続いている人なら胃からの逆流も防げるし快適だと思います。

当時は陣痛より悪阻が嫌だった

臨月で出産を間近に控えていましたが、

私は出産の恐怖より妊娠初期からあるつわりの事で頭がいっぱいでした。

なので出産に対する恐怖はあまりありませんでした。

出産中に悪阻の吐き気が出てきたらどうしよう….。

吐くのが怖いから食事を食べないで出産に挑んだ方が良いのかな….。

もう出産の痛みより出産時のつわりの事の不安が大きかったです。

出産は長くても一日か二日で終わるんだし!まぁいいや!

長引く吐きつわりのおかげで出産自体に対する恐怖はあまり感じませんでした。

つわりさまさまですよ!はじめて長引くつわりにメリットが生じました(笑)

変なところは楽天家の私。
でも、つわりが長引いて辛かった人は共感できると思うんですけどどうでしょうか?

スポンサーリンク

ついに来た!陣痛

予定日を少し超過した頃、やっと陣痛が来ました!

最初は生理痛みたいな痛みです。そこまで痛いって訳じゃないので余裕で人と会話はできました。

自分でもこれが陣痛なのかな?とよく判断がつきません。

あんまり早く病院に行っても追い返される事があるので

ある程度は自宅で我慢していました。

つわりが続いている件もあるし食事をどうするか迷いましたが、
出産は初産だと結構かかるという事でゆっくり食事をしました。

出産中吐いてもいいようにめっちゃよく噛みながら食事をしました。

離乳食並みになるまで噛んでいました。固形物が無い分吐くとき楽ですもんね。。。

そしていよいよ病院へ….。

 

 

数時間後。

 

 

陣痛に悶え苦しむ自分がいました。

なんと例えていいのかわからない痛みです。とりあえず、陣痛が来るたびにベッドの柵を握りしめていました。

ちなみに陣痛時にテニスボールでお尻に押すと痛み逃しになるときいていたのですが、
私は使用しませんでした。(病院には準備されていました)

そのかわり、自分の手をグーにして腰を思い切り叩いていました。

個人的にはこっちの方が強く叩けるから効果ありでした。

なんやかんや陣痛を乗り越えていくけれども
陣痛の痛みに加え胃が気持ち悪かったです。(つわりなのか?)

つわりだけでも無くなってくれー!そう願いながら陣痛と戦いました。

タイトルとURLをコピーしました