Amazonで無料出産準備お試しBoxを!≫≫

つわりを本当にナメていました。その7

つわり
スポンサーリンク

コマ漫画

あともう少しで終わると信じていた

つわりの原因はホルモンの分泌によって起こる症状と聞いていたので(諸説あり)16週ぐらいで終わると信じていました。そうじゃないと毎日を乗り越えれなかったからです。ネットでつわりの終わる時期を検索しても

“つわりは妊娠5~6週から起こり始め、妊娠12~16週で大体終わる”

と書かれていることが多かったです。
急に朝目覚めたら霧が晴れたようにピタッと治ったって言う書き込みを信じて、自分にもその日が必ず来ると思って過ごしていました。

ですが、待てども待てどもつわりが終わる日はありませんでした。
時期的にもちょうど去年の夏だったので猛暑の中何も食べれませんでした。

スポンサーリンク

母にも戌の日参りまでに終わると励まされましたが、結局終わらず。
戌の日参りを予定していた日はめちゃくちゃ嘔吐してしまい日にちをずらしてもらいました。

そして日にちをズラして神社へ向かいましたが、結局神社のトイレでリバースしまくりました。

その他にもアイスのガリガリ君が良いと聞いて食べてみましたが、水分となって噴出してしまうほどでした。

周りと違う自分にイライラ

結局、妊娠してから半年が経ちましたがつわりは終わりませんでした。
通勤途中でも吐く毎日でイライラがMAXになってしまいます。

なぜ、自分だけつわりが終わらないんだ

外食、ましてや自宅でも満足する食事ができない

会社行くの辛い

吐き癖とか簡単に言うな!

自己中心的になっているのはわかります。だけど、辛いものは辛いんです!
いずれは終わるって言われてもイライラするだけでした。

それでも信じていたこと

イライラマックスでしたが、
本当に辛いけどいつか我が子に会えるから頑張らなくてはと思っていました。

毎日が辛すぎるけど明日朝起きたら治ってる!と信じ続けてモチベーションを維持していました。
きっとこの記事を読んでいる方はつわりで辛い思いをされている方だと思います。何か希望を持って過ごすと少しですがマイナスな気持ちがプラスに変わるかもしれません。

ちなみに私は出産よりツワリの方が苦しかったです。今を乗り越えればあと少しです!

タイトルとURLをコピーしました